病気を治療する

医師と看護師

頸部脊柱管狭窄症は、症状の進行が極めて緩慢でわかりにくいという点が非常に厄介と言われています。そのため気がつくと症状が慢性化し病気がかなり進行していたという場合があります。以下の症状が出だしたら1度検査を受けたほうがよいかもしれません。 肩・首周囲の筋肉の激しいコリ、腕の痺れや痛み、中指〜薬指にかけての痺れや痛みなどです。これらの症状は継続して続くわけではなく、時折出現することもあります。何もせず時間がたてば消失することもあります。さらに進行するとこれらの症状がずっと続くようになり、両手に力が入りにくくなることもあります。

ではどうすれば頸部脊柱管狭窄症を予防することができるのでしょうか。これには日常生活で気をつけることが何点かあります。 まず首に負担をかけないことです。前かがみや座りっぱなしを長時間維持することや、首に負担のかかるスポーツや動作はほどほどにしましょう。これらの動作により首の血流障害を招きます。どうしても仕方がなく上記の動作をとる場合は、適度に首の筋肉のストレッチをしましょう。筋肉には骨を保護する作用があるため、適度に筋肉をほぐすことで骨を守ることができます。 また食生活でもカルシウムやビタミンDを多くとるよう心がけましょう。骨の老化を妨げ再生を促します。特にカルシウムとビタミンDを両方とることで、効率的にカルシウムを吸収することができます。 最後に適度な運動です。骨は適度な負担をかけることで強くなります。 このように点に注意していくことで頸部脊柱管狭窄症は予防できます。

乳がんの治療は、これまでは他のがんと共に外科で行なわれることが多かったと言えます。最近ではそういった傾向が変化し、乳がん治療を専門的に行なう乳腺外科という診療科が各地に登場しているのです。

乳がん検診にはマイナスイメージが多い気がします。痛かったり恥ずかしかったり。確かにそういう部分もあるんですが、それ以上に検診を受けないリスクは大きいです。早めの診察が改善へのコツです。

乳がんの治療には、手術以外に放射線治療や、薬物治療(ホルモン療法や抗がん剤など)があります。いずれも、手術と並行して、あるいは補助的に行われることが多いのです。